リノベーション・ECO(エコ)・外断熱リフォーム『暖かい家』

リノベーション

リノベーションスタッフ

リノベーションスタッフ 橋本 光秀

設計・デザイン(管理建築士):橋本 光秀
資格:一級建築士、管理建築士
趣味:音楽鑑賞、オートバイ、建築物鑑賞
住宅設計を専門的に携わり、その経験からお客様のニーズに合った住まいのご提案を致します。またこだわりのデザインは、古風なものから新しいものまで、様々な年齢層のお客様にご納得できるよう、日々勉強に励んでおります。お客様のご要望を親身になってお聞きし、納得のいくリフォームをお手伝いします。

リノベーションスタッフ 沼田 宏之

営業・現場管理:沼田 宏之
資格:一級建築士、宅地建物取扱主任者、土地家屋調査士、クレーン(5t未満)
趣味:自動車、旅行、登山、音楽鑑賞
住宅から福祉施設、小学校と幅広い工事経験から、お客様の大切なお住まいをご要望通りに確実に進めていきます。 またお客様の満足度を一番に、ご予算と合して工事の前から最後まで、トータルアドバイザーとして責任を持ってお付き合いしていきます。地元のお客様を大切に、逗子・葉山の地域に合った住まいづくりを目標としています

ヌマタのリノベーション(renovation)

リノベーション

リノベーション

リノベーション

そもそもリノベーション(renovation)というのは、既存の建物の用途や機能を変えることで、建物の性能や資産価値を向上することを目的としています。そしてなによりも改装することによって長く使えるようになり、古い建物でも現代社会に対応した建築機能を備える住まいにすることが出来ます。

ヌマタはリノベーションすることにより、ただ機能を上げることではなく、お客様にあった機能を探し、この先長く使う上で快適に過ごせる住まいづくりを考えています。街のリフォーム屋さんとしての経験と、住宅に特化した設計デザイン経験から、お客様の納得のいく工事のご提供を目的としています。

工事施工例(renovation)

三浦郡葉山町 E様邸 住宅リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

今回の物件は全改装を行いました。
使い勝手の悪くなった部屋の有効利用や、水廻りのリフレッシュ、無垢フローリングなどの仕上げにこだわった改装で、見違えるお住まいとなりました。
お部屋を照らす照明設備にもこだわり、シックな色合いとともに、落ち着いた空間作りに仕上げました。
2階は天井を外し、梁を見せる吹き抜けとし、開放感のあるお部屋にしました。
トイレも狭いスペースを少しでも広くしようと、タンクレスの採用や色合いの工夫を致しました。
三浦郡葉山町 H様邸 住宅リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

居間を中心に水廻りの改装です。
もともと天井材が貼ってあり、貼り替えるつもりだったのですが、剥がしてみたら立派な梁達が出てきたので見せる仕様としました。
また木部の全てを自然塗料で仕上げることにより、古くなった木部でも、とても暖か味のある美しい仕上がりとなります。
また床材は無垢フローリングに塗装を行い、木目を生かした綺麗な仕上がりとなりました。
トイレ廻りのタイルもワンポイントでお洒落な仕上がりとなっています。
三浦郡葉山町 創楽建築設計事務所 事務所リノベーション

リノベーション
▲施工前

リノベーション
▲施工中

リノベーション
▲施工中

リノベーション
▲施工後

当社リノベーションスタッフが所属する建築設計事務所の改装です。葉山カントリー倶楽部の近くの山間にある使われなくなった事務所を借りて、リノベーション致しました。鉄骨造の作業場を兼ねた事務所ですので、断熱もされてなく、また仕上げも簡単な事務所設計でした。人が生活する空間として、断熱施工をしっかり行い、仕上げも自然素材をふんだんに使いこだわりました。

色合いも落ち着いた雰囲気の事務所を描いて、照明設備も手元灯を別に設置し、全体的に電球色の暖か味のある空間となっています。家具も自作で作り、ソファーなどはリサイクルのものを使っています。
三浦郡葉山町 F様邸 浴室リノベーション

リノベーション

リノベーション

リノベーション

在来工法の昔ながらの浴室は、長年の湿気などで壁の中が傷み、土台や柱までが腐りボロボロの状態になることがあります。
今回の物件も壁下地が腐り、ひどい状態でした。なのでまず壁を剥がした後、下地の差し替え補強をしっかり行いました。
そして今回一番のこだわりであるヒノキ風呂を発注し、納めました。
浴室に入った瞬間、ヒノキの香りと木の温かみのある空間が特徴のお風呂です。

横須賀市 幼稚園 便所リノベーション

リノベーション

リノベーション

日本のトイレは実は世界でもトップランクのトイレなのです。
勝手に水が流れたり、蓋が開いたり、高級モデルでは音楽も流れます。
そしてもう一つ注目されるのがデザイン。
形からカラーまで、いろいろなものがある為、その建物に合ったオリジナルティあふれるトイレにすることもできます。
トイレのデザインにもこだわる、それがヌマタのリノベーションです。

ECO(エコ)

ECO(エコ)

ここではECO(エコ)をテーマにした工事をご紹介します。
日本の家庭ではCO2排出量の割合が、電気使用によるもので4割を超えています。電気の中でも照明、そして冷暖房設備が多いと言えます。

冷暖房負荷を低減するには、住む人が我慢するか、家自体を負荷の少ない工夫にするかの2種類しかありません。
しかし最近の猛暑で特に夏は、我慢するのが困難になってきております。また熱中症になり命の危険もありますので、我慢のしすぎは要注意です。

では家を工夫するというものでは何があるでしょうか?
一番は最近話題の遮熱です。屋根の遮熱、壁の遮熱、窓の遮熱、今遮熱技術はものすごく良くなっております。
そしてこれらの遮熱は全て塗装によってすることが出来ます。

特に建物の熱流入値が一番高い窓の遮熱は、一番のお勧めです。 

遮熱塗装

窓遮熱塗装
ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ガラスコート 窓専用高遮熱塗料

ここでは窓の遮熱工事をご紹介いたします。施工例は横須賀の観光スポット『軍艦みかさ』のビデオ室の窓です。
真夏の日中はエアコンが全く効かないほど熱くなるというこのお部屋、原因は壁の構造的な所もありますが、一番は窓からの熱流入です。なので、今回は窓の遮熱工事を行う事により、少しでも部屋の中を涼しくすることを目的としました。

窓の遮熱工事は透明な物に塗装を行いますので、若干難しい作業となります。当社では、施工規定に沿った教育された職人が行います。まずしっかりと丁寧に下地に処理を行い、次に油分を良く取り除き、下地をクリアな状態にします。この部分を怠ると、後で剥離に繋がります。そして、遮熱塗料は一発仕上げとなります。

仕上がり感は透明に少し青みがかった仕上がりとなります。数日後、現場に訪れると、担当者の方から「エアコンの効きが大分変ったよ!」とお褒めの言葉をいただきました。今回使用した遮熱塗料は 『ガラスコート』と呼ばれるもので、紫外線も99%カットします。西日などで日差しが強く部屋が暑いお宅や、結露しやすいお宅に自信を持っておススメです!

主な特徴

・有害紫外線99%カット
・結露しにくい
・簡単施工でリーズナブル

参考施工価格: 8,000円/m2(窓ガラス面積) 
外壁・屋根遮熱塗装
宇宙塗料を超えた日本一の遮熱塗料 『アドグリーンコートEX』

宇宙塗料を超えた日本一の遮熱塗料 『アドグリーンコートEX』

宇宙塗料を超えた日本一の遮熱塗料 『アドグリーンコートEX』

宇宙塗料を超えた日本一の遮熱塗料 『アドグリーンコートEX』

宇宙塗料を超えた日本一の遮熱塗料 『アドグリーンコートEX』

宇宙塗料を超えた日本一の遮熱塗料 『アドグリーンコートEX』

最近話題になっているのが、宇宙塗料です。宇宙塗料とは、遮熱・断熱を兼ねた塗料で、日本の宇宙開発機構「JAXA」のロケットに塗られている塗料です。仕組みとしては、セラミック中空バルーンというセラミック製の真ん中に気泡の入った粒がたくさん入っていて、それが遮熱と断熱を行います。セラミックという物質は熱量を持たない物質なので、少しでも熱を持つと排熱します。これが遮熱の仕組みです。そして中空バルーンの気泡が空気層を持つことで、断熱効果が得られます。一般的な遮熱塗料というのは、表面の光沢により熱反射を行い、遮熱をする仕組みになっています。ここに一つのデータがあります。

先ほどのJAXAが日本の代表的な遮熱塗料を、実際に採用している宇宙塗料も含めて、遮熱性能の試験を行いました。
その結果が、今回ご紹介する『アドグリーンコートEX』が日本一の遮熱塗料と呼ばれる由縁です。 

前述のセラミックの排熱機能と光沢による熱反射の両方を兼ね備えた塗料が『アドグリーンコートEX』です。
また、塗料を構成している樹脂はシリコンクラスですので、耐久性にも優れています。表面の光沢による高反射は、経年劣化とともに低下していきます。しかし、配合されているセラミックはほとんど遮熱の低減がありません。また、宇宙塗料と呼ばれるものは、粒の大きいセラミックバルーンにより非常にドロドロとした塗料で、仕上がり感がとても悪いです。
これに対して、『アドグリーンコートEX』は独自のセラミック技術により、ナノサイズのセラミックで表面がとても緻密です。それゆえに、仕上がり感がとても綺麗で親水性となっているので、汚れにもとても強いです。これは、当社の外壁塗料のナノコンポジットWと同じ仕組みです。

美しさと、汚れにくさと、遮熱性能を兼ね備えたまさに次世代遮熱塗料です
メーカーHPはこちら
外断熱システム 『暖かい家』

外断熱システム 『暖かい家』

外断熱システム 『暖かい家』

外断熱システム 『暖かい家』

外断熱システム 『暖かい家』

外断熱システム 『暖かい家』

外断熱という言葉を聞いたことはあるでしょうか?その名の通りを家の断熱を外壁の外で行うものです。通常ほとんどの家が外壁の中にグラスウールという綿のようなものを詰めて、断熱しています。これは一般的な内断熱で、断熱性能としては高いものではありません。なぜならグラスウールを詰めると言っても柱と柱の間に入れているだけなので隙間だらけだからです。

ここで紹介する外断熱というのは隙間を許しません。なのでイメージとしては、中のものは冷めにくく温まりにくい、魔法瓶のようになります。

外断熱システム 『暖かい家』

そして仕上げはモルタル吹付け仕上げのような高級感ある仕上がりとなります。

【StoリットK 仕上げ】
【StoリットK 仕上げ】
点描仕上げ
(骨材粒径:1.0・1.5・2.0・3.0 mm)
【StoリットR 仕上げ】
【StoリットR 仕上げ】
流れ状仕上げ
(骨材粒径:1.5・2.0・3.0 mm)
【Stoリット MP】
【Stoリット MP】
フリースタイル
(骨材なし)
【Stoスーパーリット】
【Stoスーパーリット】
自然石仕上げ
【ブリックススリップス】
【ブリックススリップス】
疑似レンガ仕上げ
このSTO断熱システムは通常の外断熱工法に比べて、とても安価です。このSTO断熱システムには以下のようないくつもの特徴があります。
●新築でもリフォームでもどちらでも施工可能
新築はもちろん、現在モルタル吹付けやサイディングの外壁のお宅でも、外断熱システムにすることが可能です。また下地調査により大丈夫な場合は、そのまま上に施工が可能なので、既存の外壁を剥がすことなく施工できます。

●仕上げまで一貫した外断熱
この外断熱の特徴は、断熱工事から仕上げまで同じ職人が行います。メーカーの施工教育を受け、訓練を重ねたスタッフにより下地から仕上げまで一貫して行います。

●自社代理店による完全自社施工
メーカーと直接代理店契約を結んでいますので、材料も卸値で購入でき、また下請けに任せるのでなく、自社スタッフが施工を行うので、無駄なロスが無く施工することが出来ます。

●メーカー保証制度
メーカーと施工店の完全保証によりお客様が安心して工事をする事が出来ます。
STO断熱システム
施工手順

施工手順

1
まず、壁面下部に基準となる位置だしを行い、スタータートラックを設置する。

施工手順

2
StoEPSボードを、壁面の形状に合わせて、熱線カッターで切る。

施工手順

3
StoEPSボードに、壁面との接着剤であるStoADH-Bを配置する。

施工手順

4
StoEPSボードを壁面に圧着する。

施工手順

5
StoEPSボードにStoアーマットクラシックを塗布した後
Stoグラスファイバーメッシュをコテで埋め込みベースコートと一体化する。

施工手順

6
最後に、Stoリット等のトップコートで仕上げる。







STO外断熱システムメーカー   STOジャパン株式会社(ドイツ製)
メーカーホームページはこちら
〒240-0116 
神奈川県三浦郡葉山町下山口1936 
TEL:046-875-1534 
FAX:046-879-2077
E-mail:info@numapen.com
悪徳業者の見別け方
スタッフ紹介
見積もり鑑定団
その見積もり鑑定致します
簡単見積もりメールサービス
お問い合わせ・ご相談
リフォーム助成金・かし保険
価格表
事業地域
■神奈川県
(葉山町、横須賀市、三浦市、逗子市、鎌倉市、横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市など)
住まいの情報
住まいの情報
マイリフォームレシピ
リフォーム
リフォーム